留学中に初めて体験したクラブでの出来事

クラブ、部活ではなく半端なく大きな音楽とともに踊る方のクラブには、留学中に2回行きました。人生初のクラブで、夜に都会に繰り出すのですら好奇心をそそられるのに、服装をどうしたらいいのか迷ったり、行く前からちょっとドギマギしてしまいました。現地の人たちにとってクラブに行くのはもはや金曜の夜などは当たり前となっていました。私がクラブへ行った感想は、とにかくうるさい、でした。楽しくなく、音がでかすぎて誰ともおしゃべりができません。そんなものなのかもしれませんが、言葉なしではダンスができない人の居場所がありませんでした。また、どれだけ音楽が大音量だったのかを物語っていたのは、クラブの外へ出た時のことでした。友達が心臓が痛いと言い、私も耳が変になってしばらくは自分の声も周りの音もこもって聞こえました。これが世に言うクラブなのかーとしばらく放心状態になりながら、また人生初の体験が増えたなと思いました。結局2回行ってからはもう行っていません。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP