留学で異文化を理解しよう

イギリスの大学院は1年間で終了するコースが多いです。留学生の中には大学院入学前に1年間の準備コースで英語を徹底的に勉強する人も少なくありません。その準備コースでは大学院での勉強に必要なエッセイや論文の書き方を始め、リスニングやスピーキングの強化も目指します。大学院では主にエッセイや論文の評価で修士号を獲得できるかどうかが判断されます。その書き方はアカデミックイングリッシュを使用するもので、よく使われるフレーズや単語を勉強します。また、大学院の授業では主にディスカッション形式で進められることが多いです。そのディスカッションで相手の話すことがわからなければ自分の意見を言うこともできません。ですのでリスニングとスピーキング力の向上が大切なのは言うまでもありません。また大学院を無事終了するためには英語力はもちろんですが、留学先の国に自分が適応できるかどうかも大変重要なポイントとなってきます。まずその国が好きでなければ長期滞在すること自体が苦痛になり、留学が失敗する原因につながります。その国が好きならば生活していくうえで少々の困難にぶち当たっても、それを乗り切れるだけの適応能力があります。そして何より大切なのは、異文化理解と思考回路の変更です。ディスカッションで相手が自分の意見を否定するような意見を述べたとしても、それは決してその人が正しいとは限りません。皆が自分の意見を出し合って、そこで違う意見がでてくるのも当然のことです。そこで異文化理解ができていれば、相手との違いを尊重することができ、日本人が不得意とするディスカッションもスムーズに運びます。また、「出る杭は打たれる」という日本流の考え方を脱却し、「相違点があって当然。相手との違いを尊重する」といった西洋流の考え方に変更する必要もあると思います。異文化理解は生活していくうえでとても大切です。その違いを受け入れた上で前に進んでいかなければ異国での生活さらには留学生活を成功させることは難しくなるでしょう。

PR
全身脱毛どこがいい|MY2-Link|チャットレディ|驚愕頭部|PagerankExplore|心の童話|女性の人生|相互リンク募集サイト|ショッピングカート設置|スマホアフィリエイト|経営ノウハウで業績アップゼミ|

Menu

TOP